温度センサ

白金

IST AGの白金測温抵抗体温度センサは、最高品質の材料で開発されており、-200℃〜+1000℃の広い測定温度範囲をカバーしています。センサは、ドリフトを最小限に抑えながら、最も過酷な条件下でも測定できます。 構造は非常に堅牢で、寸法が小さいため、センサはさまざまなハウジングに組み込みが可能です。白金温度センサは、3850ppm / Kの標準温度係数で、IEC 60751規格に準拠した精度で入手できます。

非常に短納期で、各種白金温度センサをお届けします。 私達は標準的なセンサの多くを常時在庫しています。 - 在庫の無い場合の納期は受注後6週間です。

IST AGは、特殊な温度係数、いろいろな抵抗値、各種寸法、各種ハウジング、各種リード線など、さまざまなバリエーションの中で、特殊仕様の要件に適合するカスタマイズ白金温度センサも提供しています。

ニッケル

IST AGは、-60°C〜+300°Cの測定温度範囲のニッケル測温抵抗体温度センサを提供しています。これらのセンサは、単純な直線的変化と高い温度係数を特徴としているため、冷暖房空調設備アプリケーションに適しています。 ニッケル測温抵抗体センサは、優れた長期安定性と容易な互換性を提供します。

 ニッケル温度センサには、6180 ppm / K(ニッケルND)、5000 ppm / K(ニッケルNL)、6370 ppm / K(ニッケルNJ)、6720 ppm / K(ニッケルNA)、およびBalcoなどのさまざまな温度係数のものがあります。

IST AGは、特殊な温度係数、いろいろな抵抗値、各種寸法、各種ハウジング、各種リード線など、さまざまなバリエーションの中で、特殊仕様の要件に適合するカスタマイズニッケル温度センサも提供しています。

TSic

TSicセンサは、限られた温度範囲内で非常に正確な測定を特徴とする半導体温度センサです。消費電力が少ないため、モバイルアプリケーションに最適です。TSicは、アナログまたはデジタル出力用の統合信号変換器を備えた校正温度センサとして提供されています。簡単に統合でき長期安定性と優れた精度を提供します。

 

白金温度センサ

IST AGの白金温度センサは、過酷な温度での使用にも適したソリューションを提供し、最高品質の材料で設計されているため、-200℃〜+1000℃の広い温度範囲で使用できます。標準IEC 60751センサは、要求に応じてクラスB/F0.3(0.12%)、クラスA/F0.15(0.06%)、Y/F0.1(0.04%)、およびそれ以上の精度のものも提供できます。IST AGセンサは、表面実装(SMD)タイプおよびリード線付きタイプがあり1.6 mm〜10 mm(長さ)、および0.8 mm〜5.08 mm(幅)のサイズで提供されています。 標準仕様センサは、さまざまなリード線の材質、長さ、および構成に合わせてカスタマイズできます。

長年の経験を生かして、IST AGはセンサ技術の開発とコンサルティングの面で顧客特別仕様のアプリケーションの開発も提案しています。標準開発プロセスの一環として、IST AGは実装時点でサポートを提案します - これにより、特定のアプリケーションに最適なセンサソリューションが保証されます。

白金温度センサの必要性があれば直ちに連絡してください!

Application Note Temperature Platinum

  • センサ使用温度範囲

  • 150℃シリーズ(-50℃〜+ 150℃)

    IST AG 150℃白金温度センサシリーズは、-50℃〜+150℃の温度範囲で自己発熱が少なく、長期安定性と高速応答性を提供します。センサは絶縁されたエナメル被覆銅リード線付きで各種アプリケーションへの適用を可能にします。簡単に溶接またははんだ付けできるように、絶縁被覆膜はリード線後端部で取り除かれています。エナメル被覆銅線の直径が小さい(Ø0.2 mm)ため、温度センサは非常に小型(小型の詳細については「特性」を参照)で素子に直付溶接されたリード線で提供されています。

    さらに、150℃白金温度センサシリーズは、リード線長さなどアプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    最大150℃までのIST AG 製白金温度センサは、次の仕様の素子もございます。

    裏面メタライズ加工
    長尺絶縁被覆線(エナメル被覆)
    2線式、3線式、4線式構成

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 150 °C

    Application Note Temperature Platinum

  • 200℃シリーズ(-50℃〜+ 200℃)

    IST AG 200℃白金温度センサシリーズは、-50℃〜+200℃の温度範囲で自己発熱が少なく、優れた長期安定性と高速応答性を提供します。 センサは、PTFE絶縁(テフロン)被覆銀コーティング銅リード単線または撚り線リード線でさまざまな標準長で提供されています。 直付溶接されたリード線は優れた堅牢性を提供し、コネクタアセンブリまたはハンダ付け、溶接および圧着接続に最適です。 また、200℃白金温度センサは銀リード線(Ø0.25 mm)タイプと裏面メタライズ加工タイプもございます。

    さらに、200℃白金温度センサシリーズは、異なる絶縁材料またはリード線の直径などアプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    IST AG製白金温度センサー(最大200℃)は、以下の仕様でも供給できます。

    裏面メタライズ加工
    アプリケーションに合わせた長尺リード線
    溶接用リード線端部被覆取り除き
    2線式、3線式、4線式構成

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 200 °C

    Data Sheet Temperature Pt 200 °C - 3 Wires

    Application Note Temperature Platinum

  • 300℃シリーズ(-200℃〜+ 300℃)

    IST AG 300℃白金温度センサシリーズは、-200℃〜+ 300℃の温度範囲で自己発熱が少なく、優れた長期安定性と高速応答性を提供します。これらのセンサは安定した性能を低価格で提供し、はんだ付け、ろう付け、圧着接続およびレーザ溶接に理想的な金被覆ニッケルリード線で提供されます。

    さらに、300℃白金温度センサシリーズは、リード線の長さまたはリード線の直径などアプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    300℃までのIST AG 白金温度センサは、以下の仕様でも提供できます。

    Data Sheet Temperature Pt 300 °C

    Application Note Temperature Platinum

     

  • 400℃シリーズ(-200℃〜+400℃)

    IST AG製 400℃白金温度センサシリーズは、-200℃〜+400℃の温度範囲で自己発熱が少なく、優れた長期安定性と高速応答性を提供します。これらのセンサは振動および温度衝撃に強く、優れたはんだ付け性を提供します。

    標準の400℃白金温度センサシリーズには、銀リード線が付属しています。 リード線材料の特性により、長尺直付溶接された銀リード線はセンサの精度にほとんど影響を与えません。

    さらに、400℃白金温度センサシリーズは、PTFE絶縁チューブなどアプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    最大400℃までのIST AG 製白金温度センサは、次の仕様でも供給できます。

    ペアセンサとグループセンサ
    クラス1/5B およびクラス1/10B
    2線式、3線式、4線式構成
    粒状安定化銀リード線

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 400 °C

    Application Note Temperature Platinum

  • 600℃シリーズ(-200℃〜+ 600℃)

    IST AG 製600℃白金温度センサシリーズは、-200℃〜+600℃の温度範囲内で自己発熱が少なく、優れた長期安定性と高速応答性を提供します。このセンサは、さまざまな温度アプリケーションに対応した標準的な素子です。 リード線は溶接、圧着、ろう付けに適しています。

    さらに、600℃白金温度センサシリーズは振動および温度衝撃にも強く、アプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    最大600℃までのIST AG 製白金温度センサは、以下の仕様でも供給できます。

    ペアセンサ
    クラス1/5Bおよびクラス1/10B
    小型

     

    Data Sheet Temperature Pt 600 °C

    Application Note Temperature Platinum

  • 750℃シリーズ(-200℃〜+750℃)

    IST AG製 750℃白金温度センサシリーズは、-200℃〜+750℃の広い温度範囲で、高温測定と優れた長期安定性、高速応答性、低自己発熱を提供します。特殊な素材のため、センサは非常に耐振動性に優れています。IST AG製 750℃白金温度センサシリーズは、高温での測定と優れた長期的な測定を提供します。

    さらに、素子の長さや幅など、アプリケーションの特殊要件に合わせて750℃までのカスタマイズできます。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 750 °C

    Application Note Temperature Platinum

  • 850℃シリーズ(-200℃〜+850℃)

    IST AG製 850℃白金温度センサシリーズは、750°Cシリーズの後継機種で、-200℃〜+850℃の温度測定を提供します。過酷な条件や極端な温度でも、優れた長期安定性と低い自己発熱による高速応答性を特徴としています。最大850℃の白金温度センサは、振動および温度衝撃に強く、優れた互換性を提供します。さらに、

    IST AG 850℃白金温度センサシリーズは、アプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 850 °C 

    Application Note Temperature Platinum

     

  • 1000℃シリーズ(-70℃〜+1000℃)

    温度係数3770 ppm / Kの特性を持つIST AG製 1000℃白金温度センサシリーズは、自動車業界向けに特別に開発されました。 1000℃センサは、-70℃〜+1000℃の非常に広い温度範囲内で自己発熱が少なく、優れた長期安定性と高速応答性を提供します。 これらのセンサは耐振動性があり、優れた互換性と小さい寸法を提供します。

    さらに、最大1000℃のIST AG製 白金温度センサは、アプリケーションの特殊要件に合わせてカスタマイズできます。

    より多くの情報と互換性のアドバイスのために我々に連絡してください。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt 1000 °C 

    Application Note Temperature Platinum

  • 特殊センサ

  • 逆方向リード線(U)及び両端軸方向リード線

    スペースが限られているアプリケーションに、IST AGは逆方向曲げリード線タイプおよび両端軸方向リード線タイプを提供します。

    スペースが限られているアプリケーションに、IST AGは逆方向曲げリード線タイプおよび両端軸方向リード線タイプを提供します。逆方向曲げリード線は、センサが金属保護管の底部にはんだ付けされているアプリケーションの最適なソリューションです。 最適な熱接触が必要とされ、表面にセンサをはんだ付けすることによって得られる限られたスペースでの用途において使用されます。 温度センサは熱結合を高めるために裏面メタライズ加工を備え、組立工程と堅牢性を高めるために直付溶接された長いリード線を備えています。

    両端軸方向リード線は、例えばセンサが0.6mm未満の内径の保護管に適合しなければならない用途に使用できます。

  • 優れた熱結合と速い応答時間

    裏面メタライズ加工(M)

    精度と応答時間を向上させるために、IST AGはメタライズ加工の裏面を持つ標準温度センサを提供しており、センサを金属面にはんだ付けして熱結合を高めることができます。

    IST AGは、はんだ付け用の裏面メタライズ加工センサだけでなく、保護管、キャップ内、金属ディスク上、さまざまな金属へのはんだ付けセンサなどの構造も提供しています。

    リアルプローブ(RPT)

    リアルプローブは、温度センサを簡単に製造するための、あらかじめ組立てられたステンレス製半組立済センサです。リアルプローブは高速応答性を提供します。 リアルプローブの構造は、最小の浸漬深さ(例えば、10mm深さの液体、または場合によってはわずかに小さい液体)での測定を可能にします。測定スペースとパイプの直径が限られている用途に最適です。

    特に、周囲と測定媒体との間のスペースの縮小と大きな温度勾配が問題となるような用途には、リアルプローブが正確な測定のための理想的なソリューションです。

    リアルプローブは組立済センサとして、またはより大型またはより複雑なセンサアセンブリの製造プロセスおよび材料を最小限に抑えるために挿入された半組立済センサとして使用できます。これにより、製造コストが削減され、完成組立済アセンブリの性能が向上します。

     

    Data Sheet Temperature Pt RPT

     

  • 直付溶接絶縁リード線

    エナメル被覆銅線(1E)

    IST AGは、長尺直付溶接絶縁エナメル被覆銅リード線を使用した温度センサを提供しています。 リード線の端部で絶縁被覆膜が除去され、予備錫メッキされているため、アプリケーションへのはんだ付けが容易にできます。エナメル被覆銅リード線の直径が小さい(φ 0.2mm)ため、センサは非常に小さい寸法で提供されます。 素子寸法幅0.8 mm x長さ 3 mmまたは幅1.2 mm x 長さ1.6 mmに長尺直付溶接リードタイプを供給できます。 エナメル被覆銅リード線を使用した温度センサは、最大+150℃までのアプリケーションで使用されています。短時間であれば最大+180℃までの過熱は可能です。

    単線PTFE被覆リード(2l)及び撚り線PTFE被覆リード(2L)

    IST AGは、PTFE絶縁被覆銀コーティング銅リード線センサを提供しています。直付溶接されたリード線は、優れた堅牢性を可能にし、コネクタアセンブリやハンダ付け、溶接、圧着接続に最適です。 特殊用途向けの要件を満たすために、素子に長尺PTFE被覆単線または撚り線銀コーティング銅リード線を直付溶接します。

  • カスタマイズ

    IST AGは、金属製ディスク、シート、またはキャップにはんだ付けされた白金温度センサを提供しています。裏面メタライズ加工素子をベースにしているため、当社のお客様は、社内のはんだ付け技術を必要とせずに、このソリューションの最適な熱結合の恩恵を受けることができます。 IST AGは、お客様の材料へのはんだ付けを提供するか、またはサブアセンブリ全体の設計、製造、および組み立てを提供します。ステンレス1.4401,1.4404,ハステロイまたはチタンのような材料にもうまく使用されてきました。

    ハウジング付きセンサ

    IST AGは、ハウジングに組み立て済みのセンサさまざまなソリューションを提供しています。 センサがハウジング内に挿入された後にハウジング内へエポキシ、ポリウレタンまたはシリコンで充填される従来の方法で取り付けられています。さらに、IST AGは、温度センサがハウジングの底部にはんだ付けされたアセンブリを提供しているため、熱接触が改善され、応答時間が短縮されます。 ハウジングはさまざまな直径、長さおよび材料と利用でき、適用に容易に挿入することができ、それによって顧客によるアセンブリを最大限に活用する。

    丸型セラミックハウジング(R)

    円形のセラミックハウジングに実装されたセンサは、アプリケーションへの簡単で正確な組み立てを可能にします。 セラミックチューブは標準サイズおよびカスタマイズされたサイズで提供され、-200℃から+600℃の温度範囲で使用可能です。

    Data Sheet Temperature Pt Round Housing

    さまざまなソリューションの詳細については、担当者にお問い合わせください。

  • SMD(表面実装型タイプ)/リード線なし

    SMD

    IST AGは、両端巻付型端子を備えた自動PCBアセンブリプロセス用の表面実装タイプSMDセンサを提供しています。特殊用途および異なった温度範囲のSMDを提供します。例えば通常のPCBアセンブリプロセス用のSAC305錫メッキ両端巻付型端子、+ 250℃までの高温アプリケーション用の高温ハンダ両端巻付型端子、または特殊要件またはワイヤボンディング用の金コーティングニッケル両端巻付型端子があります。 SMDセンサは、IEC 60751 F0.15(IST AGクラスA)までのさまざまな精度で、要求に応じて(0805/1206)以外の寸法でも供給できます。 SMDセンサは、優れた長期安定性、速い応答時間および低い自己発熱を特徴としています。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt SMD

    Application Note Temperature Platinum

    FC(フリップチップタイプ)

    リード線なしのIST AG フリップチップシリーズは、優れた長期安定性、高速応答性、および低自己発熱を備えた白金温度センサです。 フリップチップは片面端子のため、チップの裏側での電気的短絡のリスクがありません。 さらに、IST AGは、さまざまな組立プロセス(リフローはんだ付け、接合、または溶接)に対してさまざまなフリップチップ技術を提供しています。フリップチップセンサは、IEC 60751 F0.3(IST AGクラスB)までの精度で、さまざまな寸法(0603/0805/1206 /要望に応じてそれ以上の寸法)で入手可能です。

    フリップチップセンサは、スペースが限られている用途に最適で、最適な価格/性能比を提供します。 機械的寸法が小さいため、標準0805 FCはPCB上の標準0603 SMDセンサと同じスペースを使用します。

    詳しくは、以下を参照してください。

     

    Data Sheet Temperature Pt FC

    Application Note Temperature Platinum

  • 小型素子

    IST AGはスペースが限られている用途向けに様々なセンサソリューションを提供しています。

    MiniSens

    IST AG ミニセンサは、わずか幅1.2 mm x 長さ1.6 mmのサイズで最小の設置面積を提供し、限られたスペースのアプリケーションに最適なソリューションとなります。 ミニセンサは、IEC 60751 F0.1(IST AGクラスY)までの精度で、長尺直付溶接されたリード線で利用できます。 センサは、仕様温度範囲が+600℃までのアプリケーションで使用できます。

    ミニセンサはまた、最適な熱結合を可能にする裏面メタライズ加工タイプもございます。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Application Note Temperature Platinum

    SlimSens

    IST AG スリムセンサは、非常に小さい直径のチューブにセンサを挿入する用途向けに特別に開発されました。 スリムセンサの寸法は幅0.8 mm x長さ 3 mmで、保護管内径1 mmの用途に最適なソリューションです。スリムセンサは、IEC 60751 F0.1(IST AGクラスY)までの精度で、さまざまな抵抗値の範囲内で長尺直付溶接されたリード線で利用できます。 この白金温度センサは、測定温度範囲が+600℃までのアプリケーションで使用できます。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Application Note Temperature Platinum

  • 最大600℃の全測定温度範囲でクラスA保証

    サイズ、および非常に低いヒステリシスを最適な価格レベルで提供する薄膜センサです。

    IST AG PWセンサは、IEC 60751 F0.15(IST AGクラスA)の場合、最大+300℃まで保証する市販の一般的な標準の薄膜センサと比較して、-200℃〜+600℃の広い温度範囲内でIEC 60751 F0.15(IST AGクラスA)を保証します。特別な構造と安定した特性曲線により、IST AG PWセンサは低温用途にも適しています。

    追加機能として、PWセンサは、従来の巻線型センサと同じ寸法の丸型セラミックハウジングで入手可能で、既存の温度アプリケーションへの容易な互換性を意味します。

    詳しくは、以下を参照してください

    Data Sheet Temperature Pt PW

    Application Note Temperature Platinum

  • ペアとグループ

    IST AGは、ペアセンサまたはグループセンサに基づくセンサーソリューションを提供しています。 多くの場合、絶対温度の精度は重要ではなく、2つ以上のセンサ間の相対偏差(温度)が重要です。 これらの用途のために、IST AGは特別に選択された温度センサをグループとペアで提供します。

    センサ間の相対偏差が50mKから100mKの範囲内でなければならないが絶対精度がより高い場合がある場合(例えば、IEC60751 F0.3に従って)、グループが使用される。 IST AGは、お客様の要求に応じて、最終測定時にセンサをさまざまなグループに分類します。 顧客は、グループ内のすべてのセンサが厳しい相対公差を満たしているという利点がありますが、より広い公差クラスの価格の利点を維持しています。顧客固有の設計されたセンサは、この手法の恩恵を受けます。ペアは、2つのセンサが互いに実質的にずれがないような用途に使用されます。

    IST AGは、R0と温度特性に関して最も類似した2つのセンサが、お客様の最大許容偏差を考慮して、パッケージにまとめられるように最終測定後にセンサを分類します。

    多くの場合、これは顧客による校正作業を不要にするかあるいは少なくとも減らすのに役立ちます。

  • その他の温度係数(例:3911 ppm / K、3750 ppm / K、3770 ppm / K)

    IST AGは、さまざまな温度係数(TCR)を備えたセンサを提供しています。

    PG(3911 ppm / K)

    IST AG PG RTDセンサは、GOST係数3911 ppm / K特性曲線を必要とする用途向けに開発されています。 このセンサは、-200℃〜+600℃の温度範囲で(短時間で最大+ 750°Cまで)IEC 60751 F0.3またはF0.15の精度で測定できます。この白金温度センサは、低ヒステリシスと非常に安定した特性曲線を特徴としています。 追加機能として、PGセンサは従来の巻線センサと同じ寸法で利用可能で、既存の温度アプリケーションへの容易な互換性を意味します。

    詳しくは、以下を参照してください。

    Data Sheet Temperature Pt PG

    Application Note Temperature Platinum

    PU (3750 ppm/K)

    IST AG PU RTDセンサは、3750ppm / Kの温度係数(TCR)を必要とする用途向けに特別に開発された白金温度センサです。 長期安定性のために開発されたもので、ドリフトを最小限に抑えながら最も過酷な条件でも動作可能です。PU温度センサーは、IEC規格、リード線の材質および長さに応じてさまざまな寸法および精度で提供されています。 

    +1000 °C (3770 ppm/K)

    IST AG 1000℃白金温度センサは、+1000℃(-70℃〜+1000℃)までの温度用途向けに特別に開発されています。このセンサは、3770ppm / Kの特性曲線と高温用途での優れた長期安定性を特徴としています。 R0=200Ωの抵抗値で提供され、マウント用の白金パッド付きのリード線付きまたはリード線なしとして利用可能です。 寸法が小さいため、センサーは容易な互換性と速い応答時間を可能にします。

    ご興味のある方は地域担当まで連絡してください。

  • 宇宙用ESCC認定センサ/ Hi-Relセンサ

    IST AGは、-200℃から+200℃まで適用可能なESCC認定の薄膜白金温度センサを提供しています。このセンサは、-200℃から+200℃まで7万サイクルで安定した測定結果を提供します。 温度係数(TCR)は非常に安定したままで、ドリフトに関してもセンサは高い安定性を証明しました。 センサのさらなる利点は、小型(L x W x H:2.3 x 2.0 x 1.1 mm)、軽量、そして可動部品がないことによる堅牢性です。

    IST AGはESCC認定の白金温度センサを提供する最初のサプライヤであり、現在も唯一のサプライヤです。

    RTDはPt100からPt2000までの範囲の異なる抵抗で利用できます。 これらは公差クラスB(IEC 60751 F0.3)で提供されています。温度センサは、エンジニアリングモデル(EM)またはフライトモデル(FM)の両方で利用できます。 センサのカスタマイズも可能です。 延長リード(ESCC認定リード付き)。

    認定センサは、航空宇宙や自動車などの産業で高信頼性(Hi-Rel)アプリケーションに適しています。

    特別サイトで「スペースセンサ」に関するより多くの情報を見つけることができます。

    More information can be found on our special site about “space sensors”.

Nickel temperature sensors

The Innovative Sensor Technology IST AG nickel temperature sensors provide solutions for precise temperature measurement applications. The sensors operate within a temperature range of -60 °C to +300 °C and are available with various TCRs such as 6180 ppm/K (Nickel ND), 5000 ppm/K (Nickel NL), 6370 ppm/K (Nickel NJ), 6720 ppm/K (Nickel NA) and different Balco polynomials. IST AG Ni temperature sensors are available in SMD and wired configurations, and in sizes ranging from 2 mm (L) x 1.2 mm (W) to 10 mm (L) x 5 mm (W). Standard sensors can be customized to fit application-specific requirements with a variety of wire material, length, nominal resistance, TCR value, tolerance class and configurations.

With many years of experience, IST AG also offers development of customer-specific applications in terms of sensor technology development and consultation. As part of the standard development process, IST AG offers support at the point of implementation - this way we ensure the best sensor solution for specific applications. 

Contact us today and let us know the needs for your individual Ni temperature sensor!

Application Note Temperature Nickel

  • Sensor Temperature Range

  • 150 °C Series (-60 °C to +150 °C)

    The IST AG 150 °C Ni Temperature Sensor Series offers an excellent long-term stability and simple linearization within a temperature range of -60 °C to +150 °C.​ The directly welded wires offer an outstanding robustness and are optimal for soldering, welding and crimping. The sensors are vibration and temperature shock resistant with simple interchangeability and small dimensions. 

    Furthermore, the 150 °C Ni Temperature Sensor Series can be customized to fit application-specific requirements.

    ​The IST AG nickel temperature sensors up to 150 °C are also available with:

    • Long insulated wires (enameled)
    • Metallized backside

    For more information see:

    Data Sheet Temperature Ni 150 °C

    Application Note Temperature Nickel

  • 200 °C Series (-60 °C to +200 °C)

    The IST AG 200 °C Ni Temperature Sensor Series offers an excellent long-term stability and simple linearization within a temperature range of -60 °C to +200 °C.​ The sensors are offered with Ag-wire (Ø 0.25 mm), with Au-coated Ni-wire or flat wire and with Cu/Ag-wire with PTFE-insulation in various standard lengths. The directly welded wires offer outstanding robustness and are optimal for soldering, welding and crimping. The nickel temperature sensors are vibration and temperature shock resistant with simple interchangeability and small dimensions. 

    Furthermore, the 200 °C Ni Temperature Sensor Series can be customized to fit application-specific requirements.

    ​The IST AG nickel temperature sensors up to 200 °C are also available with:

    • Wire lengths fitted to application-specific requirements
    • Insulated wires
    • Flat wires
    • Metallized backside 

    For more information see:

    Data Sheet Temperature Ni 200 °C

    Application Note Temperature Nickel

  • 300 °C Series (-60 °C to +300 °C)

    The IST AG 300 °C Ni Temperature Sensor Series offers an excellent long-term stability and simple linearization within a temperature range of -60 °C to +300 °C.​ The sensors are vibration and temperature shock resistant with simple interchangeability and small dimensions. Additionally, the 300 °C Ni Temperature Sensor Series is developed with very robust Ni- or Pt/Ni-connections and inorganic glass passivation.

    Furthermore, the IST AG nickel temperature sensors up to 300 °C can be customized to fit application-specific requirements.

    For more information see:

    Data Sheet Temperature Ni 300 °C

    Application Note Temperature Nickel

  • Sensor Characteristics

  • SMD (Surface Mountable Device) / Wireless temperature sensors

    The IST AG SMD Ni Temperature Sensor Series offers an excellent long-term stability and simple linearization within a temperature range of -60 °C to +150 °C (+250 °C upon request).​ The wireless sensors are vibration and temperature shock resistant with simple interchangeability and low self-heating. 

    Furthermore, the SMD Ni Temperature Sensor Series can be customized to fit application-specific requirements.

    ​The IST AG nickel temperature SMD sensors are also available with:

    • Tape & Reel
    • Reflow solderable contacts

    For more information see:

    Data Sheet Temperature Ni SMD

    Application Note Temperature Nickel

     

     

  • Cu TCR according to GOST-norm

    IST AG offers thin-film sensors developed to simulate standard Cu wire-wound sensors with a TCR of 4280 ppm/K. This temperature sensor is developed and manufactured according to GOST 6651-2009 norm and offers all the advantages of a thin-film sensor such as robustness, small dimensions, short response time, vibration and temperature shock resistance and excellent long-term stability.

    Due to the small dimensions and various housing options, the IST AG Cu sensor with 4280 ppm/K coefficient is easy interchangeable. It is typically delivered with base resistances of 50 Ohm or 100 Ohm.

TSic

The Innovative Sensor Technology IST AG TSic sensors consist of chip-integrated and calibrated temperature sensors with an integrated signal converter for analog, digital or ratiometric signal output. The TSic product family offers a measurement accuracy from ±0.5 K to  ±0.1 K and also medium (0.1 K) to high (0.034 K, 0.004 K) signal resolution for optimal temperature control. The temperature measurement with the TSic is simple and offers excellent accuracy as well as low power consumption. 

Contact us today with your TSic request!

Application Note Temperature TSic

  • TSic 206/203/201 - Accuracy of ±0.5 K in a range of 80 K

    The TSic 206/203/201 Series of temperature sensor ICs is specifically designed as a low-power solution for temperature measurement in building automation, industrial and mobile applications. With a standard calibration and an accuracy of ±0.5 K in a temperature range of 80 K (e.g. +10 °C to +90 °C), the TSic sensors are more accurate than a class F0.3 (IEC 60751) platinum sensor in the range of 80 K. The range can be shifted up or downwards to reach a high accuracy of between e.g. -30 °C to +50 °C.

    The TSic has a high precision bandgap reference with a PTAT (proportional-to-absolute-temperature) output, a low-power and high-precision ADC and an on-chip DSP core with an EEPROM for the precisely calibrated output signal. The TSic temperature sensor is fully calibrated, meaning no further calibration effort is required by the customer. Extended long wires (> 10 m) will not influence the accuracy.

    The TSic 206/203/201 sensors are available with digital (ZacWire, TSic x06), analog (0 V to 1 V, TSic x01) or ratiometric (10 % to 90 % V+, TSic x03) output signal. The low power consumption makes it suitable for many applications. 

    The characteristics of the TSic 206/203/201 sensors at a glance:

    • Fully calibrated
    • Custom calibration and assembly available
    • Outstanding accuracy of ±0.5 K
    • Calibrted accuracy range of 80 K can be shifted (default: +10 °C to +90 °C)
    • Very low power consumption
    • Available with digital, analog and ratiometric output signal

    For more information see:

    Data Sheet Temperature TSic20x 30x

    Application Note Temperature TSic

  • TSic 306/303/301 - Accuracy of ±0.3 K in a range of 80 K

    The TSic 306/303/301 Series of temperature sensor ICs is specifically designed as a low-power solution for temperature measurement in building automation, industrial and mobile applications. With a standard calibration and an accuracy of ±0.3 K in a temperature range of 80 K (e.g. +10 °C to +90 °C), the TSic sensors are more accurate than a class F0.3 (IEC 60751) platinum sensor in the range of 80 K. The range can be shifted up or downwards to reach a high accuracy of between e.g. -30 °C to +50 °C.

    The TSic has a high precision bandgap reference with a PTAT (proportional-to-absolute-temperature) output, a low-power and high-precision ADC and an on-chip DSP core with an EEPROM for the precisely calibrated output signal. The TSic temperature sensor is fully calibrated, meaning no further calibration effort is required by the customer. Extended long wires (> 10 m) will not influence the accuracy.

    The TSic 306/303/301 sensors are available with digital (ZacWire, TSic x06), analog (0 V to 1 V, TSic x01) or ratiometric (10 % to 90 % V+, TSic x03) output signal. The low power consumption makes it suitable for many applications.

    The characteristics of the TSic 306/303/301 sensors at a glance:

    • Fully calibrated
    • Custom calibration and assembly available
    • Outstanding accuracy of ±0.3 K (TSic 30x)
    • Calibrated accuracy range of 80 K can be shifted (default: +10 °C to +90 °C)
    • Very low power consumption
    • Available with digital, analog and ratiometric output signal

    For more information see:

    Data Sheet Temperature TSic20x 30x

    Application Note Temperature TSic

  • TSic 506F/503F/501F - Accuracy of ±0.1 K in a range of 40 K

    The TSic 506F/503F/501F Series of temperature sensor ICs is specifically designed as a low-power solution for temperature measurement in building automation, industrial and mobile applications. With a standard calibration and an accuracy of ±0.1 K in a range of 40 K (e.g. +5 °C to +45 °C), the TSic sensors are more accurate than a class F0.1 (IEC 60751) platinum sensor in the range of 40 K. The range can be shifted up or downwards to reach a high accuracy of between -5 °C to +35 °C for example.

    The TSic has a high precision bandgap reference with a PTAT (proportional-to-absolute-temperature) output, a low-power and high-precision ADC and an on-chip DSP core with an EEPROM for the precisely calibrated output signal. The TSic temperature sensor is fully calibrated, meaning no further calibration effort is required by the customer. Extended long wires (> 10 m) will not influence the accuracy.

    The TSic 506F/503F/501F sensors are available with digital (ZacWire, TSic 506F), analog (0 V to 1 V, TSic 501F) or ratiometric (10 % to 90 % V+, TSic 503F) output signal. The low power consumption makes it suitable for many applications.

    The characteristics of the TSic 506F/503F/501F sensors at a glance:

    • Fully calibrated
    • Custom calibration and assembly available
    • Outstanding accuracy of ±0.1 K
    • Available with digital, analog and ratiometric output signal
    • Very low power consumption
    • Calibrated accuracy range of 40 K can be shifted (default: +5 °C to +45 °C)

    For more information see:

    Data Sheet Temperature TSic50x

    Application Note Temperature TSic

  • TSic 716 - Accuracy of ±0.07 K in a range of 20 K

    The TSic 716 Series of temperature sensor ICs is specifically designed as a low-power solution for temperature measurement in building automation, industrial and mobile applications. The TSic provides a simple temperature measurement and achieves outstanding accuracy combined with long term stability. With a standard calibration and an accuracy of ±0.07 K in a range of 20 K (e.g. +25 °C to +45 °C), the TSic sensors are more accurate than a class F0.1 (IEC 60751) platinum sensor in the range of 20 K. The range can be shifted up or downwards.

    The TSic has a high precision bandgap reference with a PTAT (proportional-to-absolute-temperature) output, a low-power and high-precision ADC and an on-chip DSP core with an EEPROM for the precisely calibrated output signal. The TSic temperature sensor is fully calibrated, meaning no further calibration effort is required by the customer. 

    The TSic 716 sensor is available with a 14 bit digital (ZacWire, TSic 716F) output signal. The low power consumption of about 35 µA makes it suitable for many applications.

    The characteristics of the TSic 716 sensor at a glance:

    • Easy to integrate (digital output signal)
    • Accuracy range of 20 K can be shifted (default: +25 °C to +45 °C)
    • Outstanding accuracy of ±0.07 K
    • Fully calibrated
    • Custom calibration and assembly available
    • Very low power consumption
    • Capable of communicating over a distance of > 10 m

    For more information see:

    Data Sheet Temperature TSic716

    Application Note Temperature TSic